月に長さ50kmの空洞

月面に長さ50kmの空洞が見つかり,溶岩流でできた洞穴(溶岩洞)とのことです。

http://www.asahi.com/articles/ASKBK7GP0KBKUBQU01N.html

長さ50kmということは,大阪駅からですと,西へ直線距離で明石まで,東北方向では京都を超えて比叡山,南方向では高野山のふもとまで行ってしまいます。

地球上での世界最長の溶岩洞は,韓国の済州島にある万丈窟で,長さ約13kmとのこと。

https://www.expedia.co.jp/Manjanggul-Lava-Tube-Cave-Gujwa.d6119690.Place-To-Visit

ただし,月面では重力が弱いので溶岩洞は崩壊しにくいとのことです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/月の溶岩洞

月面基地への利用は真剣に検討されているようですね。

http://www.isas.jaxa.jp/j/forefront/2010/haruyama/index.shtml

いろいろありますね。

[PR]

# by akiraorita | 2017-10-20 15:04  

宇宙ベンチャー

宇宙ビジネスが盛んになってくれば良いですね。

(小さなロケットと衛星で「新ビジネス」をーー宇宙ベンチャーが賭ける夢)

http://news.yahoo.co.jp/feature/240
[PR]

# by akiraorita | 2016-07-04 15:36 |  

国産ロケットによる商業衛星の打ち上げ

明日(11月24日)午後3時23分から,三菱重工と宇宙開発機構(JAXA)のH2Aロケット29号機がカナダの通信放送衛星を打ち上げるとのことです。
無事に打ち上げが成功しますように。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151123-00000063-san-soci

日本は今後打ち上げ市場で国際競争力を強化するとのことです。

日本の宇宙活動が今後もJAXAを中心に進められるのは当然ですが,宇宙活動法を制定して,民間活力を宇宙開発に注ぎ込む枠組みが早くできるといいですね。
どこの国もそうだとは思いますが,日本は特に,枠組みが出来上がって公の目標が定まると,それに向かって全員がわき見もふらず邁進するという長所(短所?)があるので,現在は,アメリカ,ロシア,ヨーロッパに比べて一歩遅れている感のある宇宙開発にも,枠組みが決まると,あっと言う間に追いつくことでしょう。
[PR]

# by akiraorita | 2015-11-23 11:50  

米国2015年宇宙法が上院通過

米国で2015年宇宙法が上院通過したとのことです。

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6181707

記事によると,同法の認める「宇宙資源」の商業的な探査と利用が,1967年宇宙条約と抵触する可能性があるようですが,法律は国際関係においては,実効支配の後追いになりがちなので,結局,早い者勝ちになるのでしょうね。
[PR]

# by akiraorita | 2015-11-22 19:48  

NHK『サキドリ↑』「もぅ夢中!宇宙ビジネス最前線」

NHKの情報番組『サキドリ↑』の平成27年5月10日の放送で,日本の宇宙ビジネスの紹介がありました。

http://www.nhk.or.jp/sakidori/backnumber/150510.html

小型ロケットの製造及び打上→搭載する小型衛星の製造→小型衛星を利用した北極海の気象情報の提供ビジネス→北極海航路の開発

と,もう少しで,宇宙ビジネス(人工衛星利用)の上流から下流までが,民間レベルの資本だけで完結しそうな状況が紹介されていました。

早く,宇宙活動法を完成させないといけませんね。
[PR]

# by akiraorita | 2015-05-20 09:49  

太陽系外惑星の命名権

国際天文学連合(IAU)が,2013年4月12日,太陽系外惑星の愛称を有料の投票で決めたとしても,かかる名前は一切の公的な効力を持たないとの警告を発表した,とのことです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130414-00010001-sorae_jp-sctch

この記事によると,ウーウィングー(Uwingu)という天文普及のための基金(民間団体)がネットを通じて太陽系外の惑星の愛称を募集し,最も投票の多かった名前には命名権の栄誉があたえられるとのこと。
命名の提案にも投票にもいずれにも課金がなされるとのことです。

国際天文学連合の上記の警告は,ウーウィングを名指しはしていないものの,かかる動きを踏まえてのものだそうです。

なんでもお金のかかる世の中ですね。

月の土地の売買とか,火星の土地の売買とか,宇宙法上の論点がありましたが,「命名権」という,また新たな論点が出てきそうです。

そういえば,昔,日本人で火星の土地を売った人がいるそうですね。
「火星のわが家」という映画の背景になってます。

http://www.takurama.net/mars.html
[PR]

# by akiraorita | 2013-04-15 12:17  

堤幸彦監督『はやぶさ/HAYABUSA』(2011)

平凡な感想ですが,宇宙技術って,多くの人が気の遠くなるような,長ーい時間を費やして一つずつ積み上げてきたんだな,ということの分かる映画です。
感動しました。
[PR]

# by Akiraorita | 2012-10-29 22:55 | 雑感  

一般社団法人宇宙エレベーター協会

こんな協会あるんですね(http://jsea.jp/ja)。

宇宙エレベーター技術競技会は,今年(2012年)の8月で第4回目だそうです(http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/103/103218/)。

日本の技術はすごいですね。
[PR]

# by Akiraorita | 2012-09-09 07:43 | 雑感  

NHK総合『大人ドリル「今がチャンス!?日本の宇宙開発」』

NHK総合
2010年 9月19日(日)
午後11:00~午後11:30
大人ドリル「今がチャンス!?日本の宇宙開発」

加藤浩次と渡辺満里奈の司会の下,NHKの解説委員が登場して,最新の話題について議論するバラエティー系の情報番組「大人ドリル」ですが,今回は日本の宇宙開発を扱っていました。

同番組によれば,日本の宇宙開発は,今がチャンスだそうです。
特に各国があまり手を付けていない小惑星の探索などにつき,今のうちに日本の存在感を示しておいた方が良いとのことでした。

しかし,同番組に出席していた経済系の解説委員が,宇宙開発の成果についての説明が欠けているとか,経済効果についての観点が欠けているとの指摘をしていましたが,上記の小惑星の探索にどの程度の経済効果があるのか,今ひとつ良く分からないというのが正直な感想です。
同番組には解説委員が3人出席していましたが,これら3人の主張が文字通り三者三様でして,必ずしも番組としての意見の統一若しくは異なる意見を統合することによる止揚がなされていないように思いました。

未知への探索と経済効果,いかにベクトルを統合することができるのか,これからの議論が大切ですね。
ただ,このような議論が,バラエティー系の情報番組でも交わされるようになったというのは,それだけ宇宙開発が身近なものになってきたということなのでしょうね。
[PR]

# by Akiraorita | 2010-09-20 00:13  

ブログのタイトル変更

本日から,ブログのタイトルを「弁護士日記」から「宇宙法の論点整理」に変更しました。
理由は,下記のとおりです。

1,「弁護士日記」と題しながら,日々の雑感その他は,Yahooブログ(http://blogs.yahoo.co.jp/akiraorita)の方に記載しており,タイトルと内容に全くのかい離がありましたので,それを修正する必要がありました。

2,宇宙基本法(平成20年法律第43号)が制定され,同法に基づき設置された宇宙開発戦略本部(http://www.kantei.go.jp/jp/singi/utyuu/)における議論が深まるなど,「宇宙法」という用語が,従来よりも一般的になってきました。

3,上記2の宇宙法の一般化により,今まで本ブログに置いていたレジメ(http://akiraorita.exblog.jp/2443346/)においてあっさりとしか触れていなかった宇宙法の個々の論点について,更に詳細に記載し,ご紹介するのが良いと思いました。

今まで,上記の宇宙法のレジメだけを置いて,ほとんど更新せずにいた本ブログですが,今後は,少しずつ,宇宙法の個々の論点につき記載していくつもりです。
[PR]

# by Akiraorita | 2010-01-30 13:23